起業するために必要な効率的な資金の集め方

>

補助金や助成金

メリットとデメリット

国や地方自治体の補助金制度は、可能であればぜひ利用してもらいたい方法です。
実際に起業する場合に必要になる資金が「補助金」として支給されるので、起業時の金銭的負担を大幅に軽減することができます。

補助金や助成金を受けることのデメリットは手続きに手間がかかる点です。
国からの補助金制度として「創業補助金」というものがあります。
これは国から起業するために「もらえる」お金なので、もちろん財源は税金となります。
そのため、様々な条件や審査があり、時間もかかるのです。

申請を出す際には、明確な事業計画や、具体的な資金計画などの詳細を提出する必要があります。
あなたのやりたいこと、事業計画や見通しを改めて見つめなおす良い機会にもなると思いますので、積極的に応募してみてください。

資金調達の流れ

創業補助金に焦点を当てて見ていきます。
国や地方自治体による補助金・助成金の内容によってその概要は多少の違いはありますが、そのメリットや申請の流れなど、基本的にはそう変わりないといっても良いでしょう。

創業補助金は返済義務がないので、これを利用できると、企業時の費用が大幅に削減できます。
起業時にはほとんどの場合、設備を揃える必要が出てきますが、それに補助金を充てることで、他の資金を会社の運用資金に回すことが可能になるので、ぜひ補助金制度は活用していきたいですね。

具体的な資金調達までの流れとしては、以下の通りです。
募集要項に沿って事業計画や資金計画、その他必要書類の作成を行います。
書類審査のみとなりますので、必要書類を持って事務局に申し込みを行い、審査を受けることになります。
無事審査が通れば、補助金が交付されることになります。


TOPへ戻る