起業するために必要な効率的な資金の集め方

>

他の企業や個人からの出資

出資を受けるという方法

資金調達の代表的なものとして、出資を受けるといった方法があります。
出資元としては、他の企業や個人、ベンチャーキャピタルなどが挙げられます。
この方法をとるメリットとしては、返済義務がなく「借金」ではないという点にあります。
返済するためにとモチベーション維持をするという考え方もありますが、リスク回避といった視点では、出資を受けられたほうが良いでしょう。
また、出資元が自己の利益のために、あなたの事業に充分な協力をしてくれるというメリットも考えられます。

一方で、他からの出資金が大きくなると、出資者から経営方針について口出しされる可能性が高まるといった点でデメリットにつながるということも考慮しなくてはなりません。
また、事業の成果が出て企業価値が増大した時に、その価値を自身で独占することができなくなるといった不利益も考えられるでしょう。

各方法の特徴

出資による資金調達方法として主なものは、次の通りです。
自己資金を貯める、社員持ち株会、ベンチャーキャピタルからの出資などです。

自己資金を資本とすることのメリットは、経営権を保持できて経営の自由度が高いことです。
デメリットとしては、資金が限られるという点でしょう。
社員持株会は、社員が会社の資本金を出資しあう方法ですが、メリットとしては社員たちのモチベーションアップにつながるということ、デメリットとしては株主が分散してしまうため運営が難しくなることがあります。

他の企業・個人からの出資は先ほど述べた通り、出資者の協力が期待できる一方、出資元に経営権を握られるという可能性もあるということが考えられます。
ベンチャーキャピタルによる出資についても上記とほぼ同じく、経営アドバイスや顧客の紹介を期待できるという利点があり、あなた自身の株保有率が低くなるという点では自由度が低くなるでしょう。


TOPへ戻る