起業するために必要な効率的な資金の集め方

>

資金ショートを避けるために

あなたの「企業」として借りる

企業としての借り入れ、つまり融資を受けるということです。
主な融資元は、銀行、信用金庫、政策金融公庫などです。
あなたの事業計画と必要な資金額に合わせて、最適だと考えられる先に申し込みましょう。

銀行からの融資を受けられると会社としての実績が認められたといことにもつながりますので、会社の信用度も高くなります。
しかし逆に言うと、まだ実績を持たない段階では、審査のハードルは高く、融資が簡単に受け入れられるとは言い難いでしょう。
信用金庫は基本的には銀行よりも融資のハードルが低いようですが、それでも銀行と同様、実績が伴わない時点では審査に通るのは難しいと考えられます。

日本政策金融公庫は、国民生活事業と中小企業事業に分類されます。
起業時には、国民生活事業の「新創業融資制度」で融資を受けられる場合が多いようです。
もちろん一定の条件はありますので、あなたの会社がそれを満たしているかどうか調べてみましょう。

あなた「個人」として借りる

個人借入については、特にフリーランスや個人事業主の方の利用が多い傾向にあるようです。
借入先としては、例えば銀行や信用金庫、そして消費者金融などが考えられます。
もちろん審査の条件等は厳しくはなりますが、まずは前者のような金利の低く信用度の高いところから申し込みをしてみましょう。

その他には、家族や親せき、友人や知人からの借入という方法もあります。
この方法は、特に責任感の強い人にはおすすめできます。
なぜなら、近しい人に「借金」することで責任感を伴い、絶対事業を成功させてしっかり返済しようという強い意志につながるからです。
基本的には無利子になるかと思いますので、その点でも魅力的な手段と言えるでしょう。


TOPへ戻る