起業するために必要な効率的な資金の集め方

起業するために必要な効率的な資金の集め方

資金ショートを避けるために

起業時の資金調達の方法として多くの人が漠然と思いつくのは、「借り入れ」というキーワードではないでしょうか。 実際に、起業時に借金を伴うということは特別なことではありません。 しかし、あなたの「企業」として借り入れをするのか、あなた「個人」として借り入れをするのかで、その内容は大きく変わってきます。

企業として・個人としての借り入れ

自身の事業内容に明確なビジョンを持っていたとしても、起業資金が集まらないことには始まりません。
あなたの夢を本当に実現させるためには、まず資金調達を考えることです。
その際「起業するため」に必要な資金を用意するだけでは不十分です。
起業前・起業時・起業後といったすべての段階において必要な資金を十分に用意しておくことが大切です。

起業するのに向けてどれぐらいの金額が必要かということは明言できませんので、ここでは言及していません。
その事業内容や個々の起業ビジョンによって、必要な資金が異なるからです。
ただ共通して言えることは、可能な限り十分すぎる資金を用意しておいてほしいということです。
もちろん一番の目的は資金ショートを避けるためでもありますし、それはつまり、あなたが起業してやりたいことをしっかり実現させるためということにもなります。
しかし、物理的にお金の余裕ということだけでなく、それが精神的な余裕につながるということにも注目していただきたいです。
なぜなら、心の余裕があることで、何か重要な決断を迫られた時に、正常な判断をすることができると考えられるからです。

そして皆さんが頭を悩ませるのは、その資金を集める手段だと思います。
主な資金調達方法としては、借入、出資、補助金・助成金などがあります。
このサイトでは、起業時の資金調達方法について、それぞれの概要やメリット・デメリットなどをご紹介しています。
これから起業を考えている人の参考になればと思います。

他の企業や個人からの出資

起業時の資金調達として他の企業や個人からの出資という方法をとる場合、他の企業または個人にあなたの会社の株を売却するという形式になります。 その際、株式の譲渡比率が50%を超える場合については注意が必要です。 メリット・デメリットについて説明していきたいと思います。

補助金や助成金

国から、サポートが受けられる制度もありますので、積極的に利用していきましょう。 条件や審査がありますので、誰でもすぐに補助金をもらえるわけではありません。 しかし融資と違って補助金は国から「もらえる」お金なので、補助金が受けられることはメリットが大きいと言えるでしょう。

TOPへ戻る